結婚式のエンドロールのポイント

結婚式のエンドロールは定番の演出です。お世話になったゲストの方の名前がコメントと共に流れて感動的な演出となりますが、ゲストの名前を並べる順番やコメントなどにお悩みの方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、結婚式のエンドロールのポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ゲストの名前を並べる順番

並べる順番に決まりはありませんが、まずは主賓、そして会社関係、友人、親戚、家族といった、自分と血縁関係が近い人を下の方に表記するのが基本です。主賓グループ、会社関係グループ、友人グループなどに分けて考え、そのグループでさらに目上の人が先にくるようにすると分かりやすいでしょう。また、友人などの場合はあいうえお順でもいいですし、大学の友人・高校の友人・中学校の友人と分けるのも最適です。並べる順番が決まったら、新郎主賓・新婦主賓・新郎友人・新婦友人など、交互に流すのがいいでしょう。中には、Special Thanksとしてゲストだけではなくホテル名やプランナーさん、司会者の名前を追加する方もいらっしゃいます。

敬称について

敬称についてお悩みになる方も多くいらっしゃいます。披露宴に参加してくれたゲストに敬意や尊敬の念を込めて、名前の後ろに「様」や「さん」とつけるのもいいでしょう。しかし、小学生以下の子どもの場合には「ちゃん」「くん」が最適です。また、両親・兄弟などの名前やローマ字表示する場合には、敬称は必要ありません。身内だけの結婚式だから気軽が良い、かしこまった感じにはしたくないという場合には、ニックネームや普段呼んでいる名前を表示するのもいいでしょう。

コメント

エンドロールで、ゲストの名前と一緒にコメントを表示したいという方も多くいらっしゃいます。コメントをつけることで、最後まで映像を見てもらうことができます。そんなコメントを決める際には、長文とならないように注意してください。また、なるべく個人に向けたコメントをしていくことが大切です。友人や親族などはまとめてコメントしてもいいでしょう。エンドロールの締めには、新郎新婦からゲストの皆さんへのコメントを入れることで、綺麗にまとめることができます。

新潟ブライダルムービーの撮影をお考えの方は、knotにご依頼ください。Knotでは、オープニングやプロフィール、エンドロールなどお2人の結婚式を素敵に演出するブライダルムービー制作をいたします。また、ブライダルムービーの他にもブライダルフォトやロケーションフォトなども行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。